忍者ブログ

お魚ブログ

金魚や熱帯魚など紹介や水草育成などを広く、時には浅くして、楽しく紹介していこうと思っています。ご来店をお待ちしています。 熱帯魚・水草・金魚の専門店 「白石」 岡山県倉敷市水島東千鳥町3-32 TEL:086-444-2082  

水草と二酸化炭素


 過去の出品作品より

 
「水草にCO2(二酸化炭素)添加しないと枯れるらしいからしない!」 
 
 
「CO2入れなくても大丈夫な水草は、どれですか?」 など
  
  
水草に炭酸ガスの添加が当たり前になっているようですが・・・皆さんどう思われますか?

  
お店の立場は、横に置いとく事にして、長く水草をしている私の意見としては、
 
  

必要用以上のCO2添加は、あまり良くない。逆に成長を止める事になると思います。

  
  

基本的には、バランスアクアリュウムって言葉があるように、 

水槽の状態をキープする為の道具と考えた方が良いと思います。

  
覚えていて欲しいのは、
  
  「水草は、PH(ペーハー)によって、育成が変化する!」 
  「水草は、水温 水質変化で、成長する!」 
   

   
   と言うことです。
   
  
一応 うちでは、PH と 硬度(KH GH)を目安にCO2添加してもらってます。

   
  



硬度については、水換えやピートモス 枯れ葉(タンニン)なので、

下げる事ができますし、PHも変化します。

 
 
当然 魚の呼吸や排泄物の分解(微生物の発生)が炭酸ガスの増加に影響していますし、 

軟水により CO2の溶解度も変わってきますから。
 

初期の段階で、うまく育成できた水草が半年ぐらいでダメになったり、

以前、成長しなかった水草が水換えやCO2添加しなくても、急に良くなったり

した事ありませんか?

単に、CO2の添加しただけで、水草がうまくいく事は、無いように思いますよ(^-^)。


でも 水草を綺麗に育成する為には、大変、良い方法だといつも感じています


水草の水質浄化能力は、高性能のフィルターや添加剤より素晴らしく(苔の発生や病原菌を抑える)

魚の隠れ場所になったり、餌になったり、産卵や稚魚の育成に重要の役割を果たしてくれています。

でも一番は、見ている人が癒される事だと思いますね(^^ゞ


   いつも 水槽に水草を







 

 

 


 

 

 

拍手[2回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 9 10
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[12/14 白石]
[12/10 野鶴]
[06/02 白石です。]
[05/17 くみんクミン]
[09/03 白石です。]

プロフィール

HN:
F&P白石
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者カウンター