忍者ブログ

お魚ブログ

金魚や熱帯魚など紹介や水草育成などを広く、時には浅くして、楽しく紹介していこうと思っています。ご来店をお待ちしています。 熱帯魚・水草・金魚の専門店 「白石」 岡山県倉敷市水島東千鳥町3-32 TEL:086-444-2082  

アンモニアについて

8月に入って、やっと雨が降ってきて、ホッと一息って所ですかね(^.^)/


メダカや金魚などは、水槽で飼育すると難しいと言われています。
 
 なぜでしょうか?
 
 


昔から金魚すくいや
 川で採取して、
簡単に飼育されていた経緯が邪魔をしているように感じています。

実は、今より昔の魚の状態の方が、とても悪かったのですがね~((+_+))
 
熱帯魚での水槽飼育の
 バクテリアなどのプロセス利用すれば問題ないんですけどね(*^^)v
 
 特に知識だけでなく、少し前の熱帯魚の飼育する人は、
 実践レベルで知っているのですが、
 金魚メダカとなるとなかなかうまく理解しにくいようですね。
 

ですので
 
 魚の残りエサや排泄物で、この時期
 
 アンモニアの毒性で、失敗されているので、説明しときますね(^O^)
 
 
 アンモニアは、フリーの形のNH3と、
イオン化した形のNH4+ アンモニウムイオンとがあり
 
 
アンモニウムイオンは
体内で濾過され尿素などに変えられるが、
アンモニアは細胞膜を通過して細胞内に入る為 
毒性が強く
 
魚も人間も尿として体外に排出しています。
 
アンモニアを肝機能低下や腎臓不全などにより
排出出来ない時に死に至ります。
 
 
水槽の魚は、体内の尿を浸透圧によって排出しています。
 
淡水の場合は
常に飼育水が魚の体内に、侵入してきますが
 
その水を肝臓を
使って血液中の腐敗物と一緒に、外に放出しています。
 
ですから
飼育水に多少のアンモニアがあっても
すぐに死に至ることはありませんが、
体内の処理能力を上回る濃度になったとき、 
大変危険です。
 
しかも、水中のPH(ペーハー)
低い場合はアンモニウムイオンが多く、ほぼ安心できですが
PHが高くなるとアンモニアがだんだん多くなりますので大変です(T_T)
 
弱酸性の飼育水を好む淡水魚よりも
アルカリ性の飼育水の金魚やアフリカンシクリット、海水魚の方が
アンモニアの濃度に敏感なるのは、このせいです。
 

特に金魚の外での飼育水のPHが
9.0を超える場合がありますので、
測定するのをおすすめしています。
 

濾過のないタライの中でも魚が2~3日は元気で、
そのあと
アンモニア濃度が高くなって状態が悪くなるのは、この為です。
 
 
つまりプールの様な大量の水があれば
濾過もエアレーションもなくても
アンモニア濃度が境界線を超えない用に水換えをするだけで、
魚は十分に飼育出来ます。
 

これが、らんちゅうや金魚のたたきの池の飼育方法なのです。
 
*川や池などで、水の流れが止まって、浮いている魚<*)) >=<↓がいるのは、
この要因があるからです。


たたし、コケや水草などが多くあるところでは、ほとんど
吸収されてしまいます。
 
これが自然界で魚が生きている理由です。
 
 
 
 
 私が水草をおすすめしている理由のひとつがこれなのです

 
只今 水上葉販売中!!増量ですのでおすすめ(*^^)v


拍手[1回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 9 10
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[12/14 白石]
[12/10 野鶴]
[06/02 白石です。]
[05/17 くみんクミン]
[09/03 白石です。]

プロフィール

HN:
F&P白石
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者カウンター